周囲の人との関係性を壊さない為に利用することにしたキャッシング

私がキャッシングを利用するようになったきっかけは、過去に、友人間でのお金の貸し借りによるトラブルが発生した事からでした。
私は貸した側だったのですが、返済が遅れると、友人に対する不信感も強まっていき、とうとう返済を巡っての衝突となってしまったのです。
関係を壊したくないと我慢していた分、衝突した時は、それまで我慢してきたものを全て解き放ってしまい、結果としては友人もすぐに返すよう努力はしてくれたものの、その後の交流は無くなってしまいました。
だからこそ、万が一の借入先の当てとして、両親や親戚、友人とするのではなく、キャッシング一本にしようと決めたのです。
もちろん利用しない事に越した事はありませんが、手元にお金がないときに限って、予期せぬ入り用が発生してしまうものなのです。
私も給料日をあと数日に控えた状況で、これまで何度かキャッシングに救われてきました。
そして給料日を迎えると、真っ先にATMから全額を返済することにしています。
感覚的には人に借りるのではなく、ATMから借りているという感覚で利用できるため、期日を守って返済している以上、お金の貸し借りに関する相手側の心情を探る必要もなく、便利さだけを感じることができています。