マリッジリングは夫婦になった証

劇的なプロポーズをする時登場するのはエンゲージリングですが、エンゲージリングをいつも指にはめている方は少ないのではないでしょうか。
結婚をしてから指にはめのはマリッジリングと決まっています。
もちろん、エンゲージリングとともに重ねづけする方も多いですが、大切なものだからと大切に保管している方のほうが多いのではないでしょうか。
マリッジリングというのは、結婚式で二人で交換するものです。
そして、結婚後は毎日指にはめているものです。
なので、左手の薬指を見て、指輪をしていれば既婚者だと判断することができます。
なかには、独身だと思われたくて指輪をはずしている男性もいますが、そんなことをして奥さんに見つかったらきっと相当怒られるはずです。
いわば夫婦になったという証なのですから、慎重に選びたいものです。
毎日はめるものであるため、プラチナや金などシンプルなデザインが多いのですが、最近は凝ったデザインを選ぶ方も増えています。
GALA BRIDALでは、オーダーメイドも付けて受けていますし、シンプルなデザインのリングをアレンジメントすることも可能です。
少し手を加えるだけでまったく違ったデザインになるのがおもしろいです。
そんなリングなら、きっとお友だちにも自慢できるでしょう。
結婚指輪(マリッジリング)・婚約指輪(エンゲージリング)のGALA BRIDAL