新エネルギー計画は夢ではない

新エネルギー計画という言葉をご存じの方はいますか?日本は2020年までに、太陽光、風力発電を全体の10%まで増やす計画を立てています。
太陽光や風力の他に、太陽熱、地熱、水力、雪氷熱、バイオマス、塩分濃度差発電など、さまざまな発電方法があり、日夜研究が進められています。
そのなかで、家庭で簡単に実行できる新エネルギー計画は、太陽光と太陽熱ではないでしょうか。
なんといっても、太陽光発電は屋根と壁さえあれば実行可能です。
最近では太陽発電を取り入れているお宅も急増しました。
新しいマイホーム建築の際に取り入れようと検討している方も多いです。
新エネルギー計画によりますと「固定価格買い取り制度 の導入や公共における率先導入、新規建築物へ の導入義務化、離島に設置」が具体的な方法になります。
病院、警察署、学校などの公共施設建物への設置が進めば、一気に計画達成になりますし、住居やビルなどで太陽光発電を設置今以上に取り組めば、夢の計画ではないはずです。