不動産業者で働く営業マンのマイホーム

こんにちは。家でゆっくりと写真の整理をしている本郷 智祥です。
不動産業界で長く働いているのですが、自分自身がマイホームを購入したのはつい最近、一昨年のことです。

それまでは、結婚からずっと会社で借り上げてくれているマンションに住んでいました。
駅から近くて便利な場所にあり、幼稚園や学校も近かったのと、妻は同じマンションの、いわゆるママ友ができて楽しそうにしていて、なかなか快適だったので、思いきれなかったのです。

それに、不動産の会社で働いているからこそ、マイホームを持つのなら、できるだけこだわりぬきたいと思っていたこともあります。

そんな折、子ども2人が大きくなって、そろそろ個別に部屋を持ちたがるようになりました。上の子は男の子で、小学校の高学年になるころだったので、下の女の子と一緒の部屋だと、なにかと気を遣うことも多くなってきました。
そして、会社でデザインの仕事をしていた妻が、独立して自宅で仕事をするようになったので、仕事部屋があると嬉しいというようになったのがマイホームを建てた理由です。